大阪で眼瞼下垂の治療をしてわかったこと

美容整形外科で保険適用で埋没法の手術を受ける

眠そうな目で眼瞼下垂と診断され薬を使うが良くならず美容整形外科で保険適用で埋没法の手術を受ける定期的に通う必要はあるが美容整形外科の施術のメリットは大きい

眼瞼下垂について改めて調べてみると様々な治療方法が見つかりました。
美容整形外科で行ってくれるのは、二重瞼の施術になります。
通常、美容整形外科で二重瞼にする人は、見た目を良くしたいからでしょう。
実際に美容整形外科に通う人のほとんどは、病気ではなく今よりもきれいになりたいと考えて通っているといってもよいです。
そのため、美容整形外科に通うことに抵抗はありましたが、毎週通う訳ではありませんので一度思い切ってカウンセリングを受けてみることにしました。
このカウンセリングを受けて正解でした。
なぜかといえば、思っていたよりも安い費用で治すことができるみたいだからです。

ホームページなどに掲載されている施術の金額は基本的に自由診療の金額になります。
自由診療とは、病気の治療ではなく見た目を良くするときに関係してきます。
ちなみに自由診療だと、保険が適用されないため10割負担になります。
一方で、体調不良や怪我をして病院に行くと、診察をして薬をもらえますが、これらは保険診療と呼ばれるものです。
保険診療は、保険が適用されますので基本的には7割は国が負担してくれます。
私の場合は眼瞼下垂という病気ですので、保険診療になるようです。
そうすると、ホームページに掲載されている料金の3割ほどの負担で良くなるわけです。

眼瞼下垂(大阪) / 眼瞼下垂症とは